審美歯科

  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

審美歯科について

画像

審美歯科とは、「白い歯になりたい」「歯並びを整えたい」「歯ぐきの色を健康的にしたい」といったお悩みを解消する美しい口元づくりを目的とした施術です。

審美歯科で解消できるお悩みとは?

口腔内の見た目を気にされている方のお悩みは様々です。

  • 笑った時に銀歯が見えてしまう
  • 歯並びが乱れている
  • 歯の大きさが不揃いでデコボコしている
  • 歯の着色が気になる
  • 笑うと歯ぐきが出すぎてしまう
  • 被せ物をした歯ぐきが黒ずんで見える
  • 歯と歯の間にすき間がある
  • 歯ぐきが痩せてきてしまった気がする

画像

こういったお悩みをお持ちだと笑顔に自信が持てないという方が多く、精神面にも少なからず影響を及ぼします。見た目が美しくなることによって、自信がつくだけでなく、清潔感、知的さ、表情の明るさといった好印象を与えることができ、内面から魅力的に変わることができます。特に、人とよく話をする職業の方、結婚式を控えた方、就職活動を始める方といった方にも気軽にお試しいただけるホワイトニングは好評をいただいております。

当クリニックでは、こういったお悩みを改善し、自信の持てる笑顔を取り戻していただきたいと願っています。お口の健康は、心身の健康でもあるからです。熊本市南区の歯医者「医療法人 勝俐会 せきかつひろ歯科口腔クリニック」では、患者さまのお悩みをしっかりと伺い、一人ひとりに最適な施術を行います。

歯の色を美しくしたい

歯を白くするホワイトニングには、歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニング

ご自宅で行う時間がない方、短期間で白くしたい方へおすすめです。当クリニックのホワイトニングシステムは、アメリカで100万人以上の実績を持つ、ビヨンドシステムを導入しております。

ビヨンドシステムとは、アメリカで開発された可視光線照射器によるホワイトニング技術です。最新の光学技術を使うことにより、光線は低温なので、歯の過敏症をできる限り軽減しています。

美白剤の主要成分は過酸化水素で、十数年以上安全な物として使用されています。治療時間はたった30分ほど。アメリカでは、すでに100万人以上の患者がこの技術で歯を美白しています。

喫煙やコーヒー、紅茶の飲用、また薬物(フッ素やテトラサイクリン)による歯の変色、老化や遺伝による黄ばみにも優れた効果があります。
オフィスホワイトニングの流れ
Step1.写真撮影
Step1.写真撮影 施術後に効果を比較するために、施術前の歯の色を写真撮影します。

次へ

Step2.歯ぐきの保護・薬剤塗布
Step2.歯ぐきの保護・薬剤塗布 歯ぐき・唇を専用ジェルで保護し、歯の表面にホワイトニング薬剤を塗布します。

次へ

Step3.光を照射
Step3.光を照射 ホワイトニングの効果を高める特殊な光を、10分×3回照射します。

次へ

Step4.施術後の状態を確認
Step4.施術後の状態を確認 施術前に撮影した写真とともに、効果を確認します。

次へ

Step5.次の施術へ
Step5.次の施術へ 1週間後に、次の施術を行います。

Pick Up 当クリニックの施術例

before after

こちらの患者さまは歯の質的に白くなりにくかったのですが、2回の施術を行うことで、全体的に白くなり、特に黄ばみの強かった犬歯(糸切り歯)が目立たなくなりました。白さを長期的に維持させるために2回セットの施術をおすすめいたします。

ホームホワイトニング

歯科医師の指導のもと、ご自宅で行うホームホワイトニングです。歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

当クリニックは、厚生労働省の認可を受けた安全なホワイトニング材「オパールエッセンス」を使用しております。

画像 オパールエッセンスは、アメリカでは最もポピュラーで安全であると米国歯科医師が認めたホームホワイトニングの1つです(日本では10%の濃度のみ認可を受けています)。

オパールエッセンスは日常の生活による黄ばみや加齢などの原因まで、内部から歯の有機成分に働きかけ安全かつ効果的に歯を白くします。
ホームホワイトニングの流れ

クリニックにて

Step1.
口腔内全体を検査します。虫歯や歯周病などの病気があれば、それらを治療してからの施術になります。
Step2.
歯の色の診査を行います。
Step3.
歯型をとり、患者さま専用のトレー(マウスピース)を作ります。

次へ

ご自宅にて

Step1.
ご自宅で、出来上がった患者さま専用のトレーに薬液を注入します。
Step2.
ご自分でトレーを歯にセットします。
Step3.
1日2時間の装着を行い、外した後は口を十分にすすぎます。
デュアルホワイトニングの流れ

歯ぐきの色を美しくしたい

画像

口元の美しさと聞いて真っ先に思い浮かぶのはやはり「真っ白な歯」ではないでしょうか。ところがその真っ白な歯も、健康的なピンク色の歯ぐきがあってこそ、より一層魅力的に輝くものです。歯ぐきの色が黒ずんでしまうのは、タバコや飲食物の刺激によってメラニン色素が分泌、沈着してしまったり、歯周病などの病気によるものがほとんどです。当クリニックでは歯ぐきの色を健康に取り戻す施術も行っています。

ガムピーリング

画像

ガムは、英語で「歯ぐき」、そしてピーリングは「皮をむく」という意味です。ガムピーリングとは、専用の薬剤を使って古い皮膚から新しい皮膚に再生させ、本来のピンク色の歯ぐきにするという施術です。

歯の見た目を美しくしたい

笑った時に、歯が欠けていたり、銀歯や入れ歯、ブリッジなどの金属が見えてしまうことが気になり、口を大きく開けることができないという方はいらっしゃいませんか? 当クリニックは、様々な治療法で、気になる口元を美しく改善します。金属を使わないことで、見た目が良くなるだけでなく、金属アレルギーなどの心配も取り除くことができますので、ぜひご相談ください。

ジルコニア・オールセラミッククラウン
ジルコニア・オールセラミッククラウン セラミック素材のみでできた人工歯です。光の透過性や色味などが天然歯のように自然で、耐久性も非常に高いのが特長です。詰め物や被せ物に使用します。
メリット デメリット
・透明度や見た目が自然で天然歯と見分けがつかない
・素材のマスキング効果が高いので、歯の土台が透けて見えない
・ジルコニアを使用しているので、強度が高く、奥歯やブリッジなどにも使用できる
・金属を一切使用しないオールセラミックなので、金属アレルギーの心配がない
・仮止めで様子を見てから装着することができるので安心
・自費治療なので、高価である
・セットする歯を削る量がやや多い
・天然歯よりも素材が硬いので、噛み合う歯を傷める場合がある
・ジルコニアを覆っているセラミック部分が割れたり欠けたりすることがある
ラミネートベニア
ラミネートベニア 前歯の施術に使用できます。歯の表面を0.5~0.7mm程度薄く削り、歯の形に加工した薄いセラミック素材を貼り付けるという治療法です。
メリット デメリット
・薬剤を使うホワイトニング施術では白くできなかった歯も白くできる
・比較的短期間で終了する
・歯と歯の間にすき間がある場合など、軽度の歯並びの乱れなら整えることができる
・ごく薄くではあるが、歯の表面を削らなければならない
・前歯にしか施術できない
・歯ぎしりや?みしめなどの癖があったり、噛み合わせが悪い場合には施術できない
・一度貼り付けると外すことができない
ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディング コンポジットレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを歯に直接盛り付けて、光を照射し硬化させる治療法です。天然歯のような自然な色や形を再現することができます。
メリット デメリット
・ほとんどのケースで健康な歯を削らないですむ
・1~2日で治療が終了する
・硬すぎないので、噛み合う歯を傷めにくい
・変色したり欠けたりというトラブルがあっても比較的修理が簡単
・比較的安価
・高度な技術を要するので、医師の技量によって仕上がりが左右される
・時間の経過、使用によって変色することがある
・割れたり、欠けたりすることがある
インレー
インレー セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混合させた材料でできています。詰め物・被せ物に使用します。
メリット デメリット
・保険適用内の金属のインレーに比べてしっかりと歯に合わせることができるので、虫歯になりにくい
・金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配がない
・周りの天然歯に合わせて色味を合わせることができる
・強い力で割れることがある
・保険適用外なので高価

Pick Up 大切な結婚式の前に

結婚式当日、主役である花嫁様は全身を純白に包まれています。もしも、黄色みがかった歯や黒ずんだ歯ぐきだったり、歯の形が良くなかったとしたら、いつも以上に目立ってしまうかもしれません。自信を持った笑顔で臨んでいただくために、特別な日の前に審美治療を受けてみませんか? 華やかで幸せいっぱいの結婚式を美しい歯、美しい歯ぐき、美しい歯並びで迎えましょう。

一般歯科治療メニュー

  • 歯が痛い・しみる
  • 歯がグラつく歯周病
  • 子どもの歯を守りたい
  • 歯の色を美しくしたい
  • 失った歯を補いたい
  • 歯並びを綺麗にしたい
  • よくあるご質問
  • 院長・スタッフ紹介
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • ブログ
  • 歯科タウン

歯科タウン