インプラント

  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

インプラントについて

画像

何らかの原因で歯を失ってしまった時、有効な治療として挙げられるのはインプラント、入れ歯、ブリッジです。中でもインプラント治療は、機能的(噛み心地)にも審美的(見た目)にも、もっとも優れており、近年でもとても注目されている治療です。

また、ここ数年で施術方法も進歩し、インプラント治療を行う歯科医院が増えていて、身近な治療になりつつあります。熊本市南区の歯医者「医療法人 勝俐会 せきかつひろ歯科口腔クリニック」では、口腔外科の専門医が担当します。歯を失ってしまってどうしたらいいか困っている方は、まず当クリニックへご相談ください。

インプラントとは?

画像

歯科治療における「インプラント」とは、人工歯根のことを言います。顎の骨にチタン製の金属できている歯の根っこ(インプラント)を埋め込みます。それを土台としてセラミックなどでできた人工歯を取りつけるという治療法です。機能性と審美性はとても優れていますが、保険適用外の自費診療となるため、入れ歯やブリッジよりも治療費が高額になります。

インプラントのメリット

自分の歯のようによく噛める

入れ歯ではちょっとためらってしまうようなおせんべいなどの堅いものや、お餅やキャラメルといった粘着性のあるものでも、何でもしっかり噛むことができ、自分の歯と同じようにおいしく召し上がることができます。インプラントは、噛めるという機能が入れ歯やブリッジよりも格段に優れています。

歯が見えることへの不安がなくなる

入れ歯やブリッジはバネを歯にかけて装着しなければならず、場所によっては口を開けた時にすぐに気づかれてしまう心配があります。インプラントなら、顎に埋め込んだ人工歯根にしっかりと人工歯がついているので、見た目がとても自然で美しい仕上がりになります。

周りの歯への影響がない

ブリッジを装着するためには、それを支えるための健康な歯を削る必要があります。また、入れ歯は着脱可能なため、バネをかけた歯は着脱のたびに負担がかかり傷めてしまう可能性があります。インプラントなら、残っている歯に負担をかけず守ることが可能です。

骨が痩せない

顎の骨は、歯を支えるための土台として重要な役割を果たしています。歯がなくなってしまうと顎の骨は痩せてしまうのです。インプラント治療なら、人工歯根を骨に埋めることで、顎の骨が痩せにくくなります。

検査・カウンセリング

Step1. 歯科用CT検査
歯を失った場所=インプラント(人工歯根)を埋め込む部分の顎骨の量や質、形を診査します。口腔内全体を歯科用CTで撮影します。同時に、周りの歯の状態や歯周病の有無などもチェックします。

次へ

Step2. 口腔内診察
噛み合わせや歯ぐきの状態を診査して、インプラントのサイズや埋入位置を検討します。もし、歯を失った原因が虫歯や歯周病、噛み合わせなどによるものなら、インプラント治療を始める前に完治させる必要があります。

次へ

Step3. 全身状態の検査
インプラント治療は、出血を伴う外科手術が含まれるため、高血圧や糖尿病などの全身疾患のある方、血が固まりにくい薬を常用している方は受けられません。そのほか、身体の状態を細かくお伺いします

インプラント治療の費用について

歯を失ってしまった時の治療法の中でも、インプラントは入れ歯やブリッジに比べて機能性や審美性が格段に高いですが、自費診療であるため治療費が高額になります。

インプラント治療の1本あたりの目安は30~50万円。一度に支払う金額としては、やはり高いとお感じなるでしょう。しかし、以下のように考えてみたらいかがでしょうか。

【例】 60歳でインプラント治療をした方が、その後80歳まで使用したとすると……

1回あたり20円以下の出費に迷って、毎食つらい思いをして食事をすることを想像してみてください。これは、当クリニックの理念からもあまりおすすめできません。なぜなら、生涯、ご自身でよく噛んでおいしくいただく食事は、全身の健康にもつながるからです。

インプラントは、毎日のセルフケアと定期的な健診といったメンテナンスをきちんと行えば、半永久的に使用することができます。末永い将来のためにも、ぜひインプラント治療をご検討ください。

Pick Up CGF(再生療法)

CGF(再生療法)

ケガをして血管が破れると、その血管の穴を埋めるためフィブリンという物質が形成され、傷口をふさいで傷の治りを促進します。CGFとは、このフィブリンを人工的に作製したもので、患者さまご本人から採取された血液を遠心分離機にかけてお作りします。
患者さまから採取した血液に、一切添加物を加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリンです。CGFは、損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ血小板がさらに濃縮されていますので、手術後の痛みが少なく、傷の治りを早め、骨の再生、歯肉の再生を促します。

一般歯科治療メニュー

  • 歯が痛い・しみる
  • 歯がグラつく歯周病
  • 子どもの歯を守りたい
  • 歯の色を美しくしたい
  • 失った歯を補いたい
  • 歯並びを綺麗にしたい
  • よくあるご質問
  • 院長・スタッフ紹介
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • ブログ
  • 歯科タウン

歯科タウン